カルガモの親子


町内には2か所の調整池があり、カルガモ親子がそこを行き来しています
夏に見かけたとき子供はまだ小さかったですが、もうほとんど変わりません

ちょっと遠かったのでイマイチの写真ばかりですが…
カルガモ4

カルガモ親子

オオカナダモが繁茂していて見苦しいですが、カルガモはこれも
食べているのでしょうか?魚がいるとも思えないのですが…
カルガモ3

カルガモ2

カルガモ1
スポンサーサイト

梶の実


先週木曜日からずっと晴れ間はなく、曇りか雨おまけに霧・・・
梅雨の時期より雨が降り、肌寒い毎日です

かろうじて曇りのままだった土曜日の夕方、夏には緑だった
梶の実が、熟れてオレンジ色になっているのを見つけました
粒々の先端にあるのが種です
梶の実17.10.14 2

まだ緑のまん丸の実もたくさんありますが、葉っぱはずいぶん痛んでいます
梶の実17.10.14 1

8月はまだこんな感じでした  2017.08.20撮影
梶の実

葉っぱもいきいき   同
梶の葉

カジノキ(梶の木 クワ科コウゾ属 落葉高木)の樹皮は和紙や縄、布
などの材料になるとのこと
葉は茶道では夏の時期、水指の蓋として「葉蓋点前」に使いますが、
平安時代には筆で和歌や願い事を書いたそうです  風流ですね


里山散策 秋キノコ編


昨日の続きでキノコもたくさん見かけたので・・・
キノコにあまり季節はないのか、春にも同じようなのがありましたっけ

イヌセンボンタケ
イヌセンボンタケ 池の谷


スギヒラタケ
スギヒラタケ 池の谷


不明
白 池の谷


ツチグリ  これは庭の湿ったところでもよく見かけます
ツチグリ 池の谷


ソーメンタケ
ソーメンタケ 


不明
茶 池の谷


キノコではありませんがオキナゴケ・・・ おじいさんのひげ、名前も姿も優しい苔ですね
オキナゴケ

キノコの名前、調べてもなかなかわかりません
間違っているかも・・・です

里山散策 秋


今日は雨の予報だったので月1回のバードウォッチングはないものと
思っていたら朝、雨は止んでおりラッキーでした

モズ、ヒヨドリ、イカルの群れは目視でき、その他メジロ、エナガ、カケス
の声が・・・
こちらの紅葉はまだまだですが、それでも少しずつ色づいています

<散策コースの様子>

まっすぐに伸びた杉木立
杉木立

カラスビシャクの群生  今頃まだ生えているとは・・・
カラスビシャク2

しかも通常よりかなり大きい
カラスビシャク1

種もびっしりと・・・
カラスビシャク 種

フユイチゴ(冬苺 バラ科キイチゴ属 蔓性常緑低小木)  真ん中に実が
冬イチゴ

これから赤く色づく実  
冬イチゴ実

ヒノキにもたくさんの実が・・・
ヒノキ種

春先の新芽は山菜としてみんなに狙われているコシアブラ
コシアブラ



今日の庭    ’17.10.13


昨日からまた急に秋に逆戻り、気温差になかなかついていけません
そして早くもインフルエンザが増加しているとの記事も・・・
今朝は時折小雨が降り、どんよりした空です

庭の片隅ではいつの間にやらダイモンジソウ(大文字草)が咲いていて…
ダイモンジソウ17.10.13


忘れた頃にまたひとつ・・・ トケイソウ  あと2つつぼみがありました
トケイソウ17.10.13


鉢植えのせいか花が小振りになってしまったエゾノコンギク
エゾノコンギク


来年春の花芽がもうついている西洋シャクナゲ   2017.10.09撮影
シャクナゲ17.10.13