夏の茶花


夏の茶花の女王は何と言ってもムクゲ(木槿 アオイ科フヨウ属)です
ムクゲ日の丸
ムクゲについてはこちらもhttp://kakapoyo.blog.fc2.com/blog-entry-111.html


ヤマユリ(山百合 ユリ科ユリ属)  大雨でほとんど倒れてしまいました
ヤマユリ

愛らしいツユクサ(ツユクサ科ツユクサ属)  別に植えたわけではないのですが・・・
ツユクサ

                                
ムラサキシキブ(紫式部シソ科ムラサキシキブ属)茶花として使うのは紫色の実ができてから
ムラサキシキブ花

モミジガサ(紅葉笠 キク科コウモリソウ属)芽吹きの頃は山菜にも・・・
モミジガサ 花

エゾミソハギ(蝦夷禊萩 ミソハギ科ミソハギ属)ミソハギよりやや大型
エゾミソハギ
スポンサーサイト

赤と黒


今日は先週から順延された年1回の「琵琶湖市民清掃」の日でした
朝から30℃を越える暑さの中、大汗💦をかきながら割り当てられた
自治会館周辺の草引きと掃除・・・   
この作業だけで今日の体力を使い果たした感じです(^^ゞ

その帰り道、ご近所さんのフェンスの間からきれいなブラックベリーの実が・・・
体力を使い果たしたはずながら、走ってカメラを取りに帰りパチリ📷

ブラックベリー
ブルーベリーは鳥に食べられてしまうことが多いみたいですが、
これはきれいに残っていましたよ

こちらは「赤と青」ですが、ヤマシャクヤクの実がはじけて完熟?!
種は「青」い方です、「赤」は鳥に食べられないためのダミーらしいです
素晴らしい知恵ですね
ヤマシャクヤクの実
種は蒔いても花が咲くのに8年くらいかかります

ヤマシャク種

約1ヶ月前はまだこんな感じでしたが・・・
ヤマシャクヤク結実

4月20日撮影  しべの形を見ると種(房)の成り立ちがよくわかります
ヤマシャク 蕊

続きを読む

紅白シモツケ


シモツケ、シモツケソウ、キョウカノコ・・・名前が似ていたり、花が似ていたりで
ややこしい??

シモツケはバラ科シモツケ属の落葉低木
シモツケソウはバラ科シモツケソウ属の多年草
キョウカノコはバラ科シモツケソウ属でシモツケソウの園芸品種です

こちらはシモツケ(下野)   
シモツケ赤2

つぼみもかわいいですね
シモツケ赤つぼみ

シモツケ赤1

シモツケ白    シモツケは「木」です
シモツケ白1

シモツケ白2

白下野

こちらは6月8日にUPしたキョウカノコ
シモツケソウやキョウカノコは「草」です
葉っぱの形の違いでもわかります
キョウカノコ  シモツケソウ

ニッコウキスゲとヘメロカリス


原種ニッコウキスゲ(ユリ科ワスレグサ属)が咲きました
2株ありますが、今年は一本しか咲いていません・・・
日光キスゲ

ヘメロカリス(ニッコウキスゲ、ノカンゾウ、ヤブカンゾウ、ユウスゲなどの園芸品種)
へメロ1

ヘメロカリスにはたくさんの品種があって、バラのようなゴージャスなのもあるようです
へメロ2

ヘメロカリスは「一日の美」という意味で、その名の通り花は一日で萎んでしまいますが、
つぼみがたくさんついていて次から次へと咲いていくので長く楽しめます

チョッキリにやられたアジサイ・・・


紫陽花シーズン真っ只中というのに、我が家のアジサイは寂しい限り…
花芽がつきだした頃からチョッキリ被害が甚だしくなりました
ご近所さんでも同じようなことが起こっているのでうちだけではなさそうです
オルトランも撒いたけど、ちょっと時期が早過ぎたのかな??

今年はもう全然だめと半ばあきらめていた6月初め、新しい葉っぱが次々に
出てきて、少しばかり残っていた花芽も開花しました(*^_^*)

このアジサイは母が育てていたものを挿し木したので枯らすわけにはいきません
名前もわからないので実家のあるところに因み”アカネ”と名付けます
アジサイあかね2

かろうじてこの2つが咲きました
アジサイ あかね13

お気に入りのガクアジサイ
ガクアジサイ紫2

これは5~6個咲きそうです  葉っぱもここまで復活!!
ガクアジサイ紫1

斑入りガクアジサイ ”バリエガータ”  花はこれ1個
バリエガータ

他にも隅田の花火や白の手毬アジサイがありますが、どれもだめそうです・・・