fc2ブログ

ホオズキの花

今、庭ではホオズキの花が咲いています

ホオズキ(酸漿・鬼灯 ナス科ホオズキ属)はこれから実が成り、
夏の茶事(朝茶事)などに使われます
  
     ホオズキの花
     ホオズキ

ホオズキの名前の由来は諸説あり、
 果実に酸味水分が多いことから(酸漿)
 ホホという虫(カメムシの類)が付くことから
 その実の赤くふっくらした様子から「頬」を連想したもの
 果実を鳴らして遊ぶ子供の様子から「頬突き」の意
などなど・・・

この”果実を鳴らして遊ぶ”というのはなかなか難しい・・・
私も子供のころよくしましたが、まず実を優しく揉んで
柔らかくし、皮が破れないように種を出します

この前段階も難しい上に、風船状にした実の口を
下唇にあてて上の歯でゆっくり空気を抜いていく・・・
すると音が出るのです(こんな説明でわかるかな?)

母は鳴らすのが上手でコツを教えてくれるのですが
私はなかなかでした・・・

空梅雨から一転して今朝は「風雨」となりました
草花にとっては恵みの雨でしたが、紫陽花は
雨露の重みで地面につきそうなほどこうべを垂れて
いました



関連記事
スポンサーサイト