fc2ブログ

ナンバンギセル


かつて我が家の庭にもあったナンバンギセル
青い鳥の谷にもたくさんあったのに、今年は工事の影響で
その場所に行くことができません

そう思っていたら夫が近所の方からナンバンギセルが咲いている
ところがあると聞いてきたのでさっそく見に行きました
一つの株は小さいもののあちこちに出ていました

ナンバンギセル2


ナンバンギセル1

ナンバンギセル(南蛮煙管 ハマウツボ科ナンバンギセル属)
ススキ、ミョウガ、ギボウシなどの根に寄生する植物です
葉緑素が無く寄主の根から吸収した栄養分に依存して生育するため
寄主が絶えてしまうこともあり、「害草」とされることもあります

名前の由来は16世紀に訪れた南蛮人が使っていたパイプに
似ているところからで、それ以前は「オモイグサ」と呼ばれていたそうです
(うつむきかげんに咲くから??)

私は種で咲かせましたが、種は粉状でヤハズススキの根元に撒いたものの
本当に咲くの??とずっと思っていました


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ナンバンギセルはこちらではなかなか見ることができません。
沖縄で一度見ただけです。
オオナンバンギセルが高原のススキの中で見られます。

Re: No title

aoikeshii さま

こちらではオオナンバンギセルは見たことがありません。
aoikeshiiさんのブログで初めて見せていただいたところです。
大きさやがくの形が違うのですね。